fc2ブログ
wingのメソッド
【剣盾S20シングル】ダイヤモンドダスト×ショウタイム【最終247位/レート1913】
はじめに
wingです。
シーズン20お疲れさまでした。

巷ではポケモンUNITEが流行っていますね。自分もその流れに乗っています。
一方で、来シリーズからはダイマ無し禁止伝説環境ということで、今シーズンが雪原環境最後なのではないかという噂もたっています。
さて、そんなシーズンに潜り続けた結果無事に最終3桁どころかレート1900越えも達成することができました。
今回はいつも以上に使いたい子を使ってやりたいことをやった気がします。
そんな構築を今回は紹介します。

それでは本編へどうぞ。(以下常体)

構築経緯
S20PT.png

ウェザボ氷サンダースとテブリムを使いたかった。
使用率上位のポケモンを見ていると、ランドロス以外に軒並み電気技が通りそうという印象を受けていた。
ランドロスには氷、以前の世代でいうとめざパ氷を刺しに行くことが多かったが今作ではない。
そこで、相手が予想しない一手としてウェザーボールが上がった。
そしてここまでの条件をすべて満たすポケモンとしてエスバあたりの上から行動できるサンダースに白羽の矢が立った。
火力不足も考慮して命の珠ウェザボサンダース、その相方の雪降らし役かつ受けまわしへの対抗として零度搭載雪降らしAキュウコンの2体が軸となった。
この並びできつめなラグカバナット辺りの対策枠としてテブリムも採用したが、この子については後述。

残りはメイン3体の補完として採用する形となっている。
絶対的な物理受け兼TOD要員兼積みストッパーの不思議な鱗火炎玉ミロカロス
草の一貫切り役として、ゴリランダーウオノラゴン見たいな物理アタッカーに軒並み強くて強引に削れる、ナットレイの宿木ループ対策としても機能するゴツメカミツルギ
サンダー対策かつ受けに来た相手を強引に火力で突破する拘りハチマキS振りドサイドン

テブリムに関しては元々瞑想バトン要員兼ストッパーであったが、バトン先がサンダースしかいないのもあって先述した3体ピンポ気味でかつ最大限に汎用性を高めた型になった、はず。

構築紹介
S20card.png

サンダース NN つかさ
性格:臆病 特性:蓄電
持ち物:命の珠
努力値:C252 S188 H68
実数値149-x-80-162-115-191
技:ライジングボルト/ウェザーボール/どろかけ/奮い立てる
S:最速アーゴヨン抜き
ダメージ計算
ダイアース(どろかけ媒体)
D4振りアーゴヨン:153 ~ 182(102.6 ~ 122.1%)確定1発
H252振りジバコイル:265 ~ 312(149.7 ~ 176.2%)確定1発
H4D76振りウツロイド:177 ~ 213(95.6 ~ 115.1%)乱数1発(81.3%)
ダイアイス(ウェザボ氷媒体)
マルスケ込みH252カイリュー:174 ~ 205(87.8 ~ 103.5%)乱数1発(25%)
H252ランドロス:411 ~ 489(209.6 ~ 249.4%)確定1発


パーティのヒーロー枠な表エース枠。氷ウェザボをランドロス他にぶつけたいがためにパーティの軸となった。
電気技についてはサンダースが基本ダイマエースであること、ダイマ切れた後でも高火力を出せることを考えてライジングボルトとした。
もう1つのサブウェポンとして、パーティ単位で呼ぶウツロイドジバコイルに刺すダイアースの媒体としてどろかけを採用。
正直積み技が奮い立てるなのを考慮すると穴を掘るもありではあるが、どろかけの追加効果である命中率確定下げ、なんやかんや1ターンで打てることを考慮してどろかけとした。
持ち物は火力が足りないため命の珠。
特性は無難に蓄電にしたが、トレースポリゴン2に対して何もできなくなるためはやあし(実質無特性)も一考か。勿論蓄電も電気の一貫を切れる特性として有用である。

テブリム NN えむ
性格:図太い 特性:マジックミラー
持ち物:進化の輝石
努力値:H244 B252 D12
実数値:163-x-128-106-95-69
技:マジカルフレイム/ギガドレイン/ほっぺすりすり/あまえる

パーティのヒロイン枠。
ナットカバラグ辺りのステロを跳ね返す、ナットをマジフレ、カバラグをギガドレで後続の射程圏内に入れることが第1の役割。
ほっぺすりすりで高速アタッカーの足を止めるのが第2の役割となっている。
残る技に関しては物理型の起点にされないようにあまえるを採用している。
役割対象が軒並みカミツルギやミロカロスで見られる範囲であり自然と選出率は下がったが、この2体がどうしても出せないパーティかつ役割対象がいる際には選出し、その役割を全うした。

本ロムの19チャレチャレでカミツルギに擬態したメタモンにダイマを仕掛けた功績がある。
朝方のアーカイブにその雄姿が映っている。テブリムにダイマ飴を使っていないこともばれる。

Aキュウコン NN コルダ
性格:臆病 特性:雪降らし
持ち物:気合の襷
努力値:C236 S252 H20
実数値:151-x-95-131-120-177
技:フリーズドライ/ムーンフォース/オーロラベール/絶対零度
H:地球投げ確定3発耐え調整

雪を降らせて壁を張って絶対零度で無限の勝ち筋を得るポケモン。
サンダースのサポートをしつつ自分も暴れられるようにした。
持ち物はスカーフウオノラやエスバにたいして最低限役割を持てる気合の襷とした。
ウーラオスをタスキまで削れるようにムンフォ、汎用性な高いフリドラを両採用している。
受けまわしや不利対面での絶対零度は基本。

ミロカロス NN タンザナイト
性格:図太い 特性:不思議な鱗
持ち物:火炎玉
努力値:HB252 S4
実数値:202-x-144-120-145-102
技:熱湯/ミラーコート/黒い霧/自己再生

TOD製造過労死枠。選出率はドサイドンと2トップ。
初手ダイマ等を使って相手を1体倒した後にミロカロス軸でうまく時間を稼いでTODという流れがいつもより多かった気がする。
心なしか初手サンダー対面で少なくともダイサンダーを打たれることがなかった気がしたのでヤンキーミラコを選択することもしばしば。
苦手意識の強いバトン展開にも黒い霧で対応できる安心感があった。
この子のこの型の技構成はこれで完結しているように思える。

カミツルギ NN LoveAsteroid
性格:陽気 特性:ビーストブースト
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:HS252 D4
実数値:166-201-151-x-52-177
技:リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/光合成

USMでレート2000達成したときに使っていた型を違う個体で使用。無難なHSぶっぱとなっている。
ゴツメでゴリランダーを強引に削ることができ、ミミッキュにも強く出られるのが高評価。ミミッキュに強いis最高。
サンダーエスバには何もできないのでそこはうまく立ち回りでカバー。

ドサイドン NN アステロイド
性格:意地っ張り 特性:ハードロック
持ち物:こだわりハチマキ
努力値:H180 A76 B4 D4 S244
実数値:213-187-151-x-76-91
技:ロックブラスト/じしん/炎のパンチ/冷凍パンチ
S:70族抜き
A:ダイマして特化ナットレイをダイバーンで、H252バンギをダイアースで確1

詳しい説明は以下リンクから。

パーティの過労死枠な裏エース。選出率はミロカロスと並んでトップ。
特性とダイマの相性がめちゃくちゃ良いポケモン。
一部の方から自分といえばこの子みたいな印象を持たれているとかなんとか。
ハチマキで相手の受けを許さずeasy winな展開も多かった。

もはや調整先自体は過去のシーズンのものになっているが、なんやかんやこの調整がしっくり来すぎて使いまわしてしまっているところはある。

ドサイドンの型の参考元のリンク
対応範囲重視(ポケモン徹底攻略)

選出されるポケモン
今回は先によく選出されたポケモンを挙げる。
苦手なポケモンと同義なのでそういう視点で見ていただければ。

草枠
例)ゴリランダーカミツルギナットレイ
一番重い枠がどこかと聞かれたら間違いなくこの枠。ナットレイはともかくゴリランダーカミツルギには容易に全抜きされる。
ゴリランダーを見たらカミツルギ絶対選出。
カミツルギに関してはカミツルギかキュウコンサンダースでごまかせるかどうか。テブリムもあり。

地面枠
例)ランドロスラグラージカバルドンドリュウズドサイドン等
いたら間違いなく出てくる枠。ランドロス入りなら基本的にはウェザボ氷サンダースで、それ以外ならミロカロスカミツルギテブリムを選出に入れておきたい。

その他選出される枠
ウツロイド
ほぼ出てくる。初手でのサンダースのダイアースは通るが、後出しされるとダイマ対決は確実。ミロカロスのミラコやカミツルギで押し切る戦略も。相手のパーティ次第。

テッカグヤ
勝ちやすいのがサンダースくらいしかいない。ダイジェット1回ではテッカグヤはサンダースを抜けないことは頭に入れておきたい。

ヒードラン
ほぼ初手で出てくる。そこにミロカロスを合わせて初手ミラーコート
ゴリランダーと並んでいるときはどちらかが初手になるのでうまく読み切りたい。
弱保型が一番きつい。

ウオノラゴン
カミツルギとミロカロスどちらか、できればどちらも選出しておきたい。キュウコンの襷が残っていれば切り返すことは出来る。

Gヤドキング
恐らくまともに勝てるのがドサイドンのみ。相手もそれは分かっていてヤドキングを大事にしてくるので積極的に交換読みを決める思考に切り替えたほうが良い。

HBトレースポリゴン2
なすすべなし。

基本選出
相手のパーティの電気の一貫があるとき
初手サンダース+ミロカロス@1
TODが選出段階で見えてくるかどうかで変わってくる。

上記+地面枠がランドロスの時(ジバコイルがいるときも)
初手キュウコン+サンダース@1

サンダースが通せない時
ミロカロス+カミツルギ+ドサイドン

ラグカバナットがいて、カミツルギorミロカロスが出せない時、カミツルギがいる時
テブリム@2(大体ドサイドン@1)

受け回し
キュウコン+ミロカロス+カミツルギorドサイドン

積み展開構築
ミロカロス@2

後は上記の選出されやすいポケモンに対応できるポケモンを組み込んでいく。

実際の対戦の様子
(以下敬体)
今回もこの構築での対戦のアーカイブを残したのでよろしければ見てみてください。

シーズン20最終日昼の部
シーズン20最終日夜の部
シーズン20最終日深夜の部
シーズン20最終日朝方の部

結果
fc2blog_20210801160109526.jpg
fc2blog_202108011601107fd.jpg


TN:wing 最終レート1913 最終順位 247位
TN:IchinoseHana 最終レート1882 最終順位 393位

終わりに
改めてシーズン20お疲れさまでした。
今シリーズに入ってから結果を全く出せていなかったので、今回最終3桁を達成することができて嬉しいです。
サブロムを3桁確定ラインまで持っていってから最終日に臨む形となりまして、夜が更けてきた時間帯から急に勝てるようになり、その勢いであっという間に1900も達成してしまっていました。
ラティクチやリーシアのときもそうでしたが、好きな並びで結果出せたときはより嬉しくなりますし、結果が出せなかった時はより悔しくなるものでした。今回もその思いがあったので嬉しさが尋常じゃなかったですね。

さて来シーズンどうするかですが、前提として9/1に有休をとらないためラストに舞うみたいなことは出来ません。
それを抜きにしてもどうするか全く考えていないのでまずはそこから考える感じかなと。
ポケモン以外にもやりたいことがあるので、うまくバランスをとっていきたいですね。

それでは本記事はここまでです。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

スペシャルサンクス
最終日に通話した、
某だいもんじなリスナー鯖の個性が暴走しているメンバー
古い付き合いの姫サーのうづきニキ、てこニキ、あげくん

どちらのメンバーとも楽しく通話してモチベを高めてランクマに潜ることができました。
改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。











おまけ
今回のパーティのポケモン達につけた構築名やNNの元ネタ紹介
このページで引用している作品の著作権は全て製作委員会に帰属します。

プロジェクトセカイ
ワンダーランズ×ショウタイム(構築名)
天馬司(つかさ)
鳳えむ(えむ)

IMG_E2226.jpg

こんなんもう付き合ってるやんパターンと、えむ→司(司からはどこにも矢印が出ていない)パターンとその他色々イメージ出来て楽しいワンダショが誇る2大カップリング(異議は云々)の一角。
2人とも基本ぶっ飛んでいる印象が強いけど、ストーリーを読み進めれば2人の本質がより分かるようになるのではないだろうか。

恋するアステロイド
アステロイド:そのまま
LoveAsteroid:英訳(厳密にはAsteroid in Love)

IMG_E2234.jpg

夢に向かって全力で走る女の子はかわいいぞみらあおてぇてぇ。

カービィ
コルダ:エアライドのステージの1つ

airride.jpg

表BGMも裏BGMも神過ぎない?
カービィの氷ステージと空ステージのBGM大好き人間。

タンザナイト
天然石:石言葉は「誇り高き人物」「高貴」「知性」「冷静」「希望」「神秘」
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

wing

Author:wing
アニメだったりゲームだったり



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



あしあと



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR