FC2ブログ
wingのメソッド
【剣盾S10シングル使用構築】凪の太陽から~Sunny color of a calm~【最終800位】
はじめに
お久しぶりです、wingです。
シーズン10お疲れさまでした。今シリーズは上位禁止ということで、昨シーズンまでとはかなり違う環境になったと思います。
その中で私はシリーズ越しに最終3桁をリーフィアグレイシアニンフィアと達成することが出来ました。
大分コンセプト寄りのパーティにはなっていますが、それでもしっかり3桁に連れて行ってもらえたくらいには良いパーティにはなったと思います。

それでは早速本編へどうぞ
※構築経緯(雑)は茶番なのでスルー推奨です(半分くらい本音ではあるが)

構築経緯(雑)
今の環境にリーシアを通せそうだったのでグレイシアとリーフィアは確定、グレイシアリーフィアと来たらニンフィアも必要なので確定。晴れリーシアの要としてキュウコンも確定。ニンフィア入れるならアシレーヌも入れるべきなのでアシレーヌも確定。最後にパッチラゴンが怖いのと信頼が厚いのもあってドサイドンも確定。パーティ完成!

構築経緯
s10card.png

元々今の環境に晴れリーシアが通せると思っていたため、ウェザボリーフィア襷グレイシアと原種キュウコンを軸に構築を始めた。このリーフィアを通すにあたって障害となるポケモンがサザンガルドリザガモス辺りと考えたため、その辺りに強く出られるチョッキアシレーヌを採用。草打点持ち炎タイプはリーシアには確実に出てくるので、更に対策を厚くためD振りじゃくほドサイドンを採用してみた。最後に見た目的な部分もなくはなかったが、ドヒドハピ辺りを起点にできる瞑想身代わり疑似両刀ニンフィアを採用した。

とりあえずパーティが完成したので回してみたが、先に展開できないと勝ちにくいこと、物理受けが一番できるポケモンが選出がキュウコンに依存するリーフィアしかいなかった。そのため物理で攻められると勝てないことが多かった。その事からリーフィアはアタッカーとしてではなく物理受けで採用した方が良いと判断し、ゴツメリーフィアに変更。キュウコンの枠をどうするかは悩んだが、アローラキュウコンの壁展開が厳しいことステロを気にせず炎打点を打てるポケモンが欲しかったことから、思い切って厚底ブーツアタッカー日照りキュウコンを採用。

晴れアタッカーリーフィア自体は通りは良いが、それを通せない場合のケアを怠ってはいけない。今回のパーティでは無理だったがちゃんと構築を組めば晴れアタッカーリーフィアの採用価値は十分にあるといえる。

こうしてパーティが完成した。

構築紹介
s10.jpg

グレイシア NN:Miuna
性格:うっかりや 特性:ゆきがくれ
持ち物:気合の襷
努力値:C252 S208 H52
実数値:147-80-130-200-103-111
技:フリーズドライ/ミラーコート/欠伸/氷の礫
H:H無振りリザードンがダイマックスした時にミラーコート+命の珠で落とせる数値


気合の襷グレイシア自体は前から使っている。今回もH個体値を調整して採用。
初手でリザードンが来て、そのままダイマックスを仕掛けてくることが多かったため、それに対応するためこのような調整となっている。ただ、Sで抜いておきたい相手、リザードンが珠じゃないときのことを考慮してHにもう少し振っても良かったのかもしれない。
それはそれとして、今環境上位にいるパッチ水ラオスアシレマリルリその他特殊アタッカーに対して対面から抗えるポケモンでもあったので、気持ち相手の構築に刺さっていることが多かったように思う。

リーフィア NN:Sayu
性格:腕白 特性:葉緑素
持ち物:ゴツゴツメット
努力値:H244 B244 S20
実数値:171-130-199-x-85-118
技:リーフブレード/宿り木の種/欠伸/光合成
S:無振りウーラオス抜き(S95属抜き抜き抜き)


晴れアタッカー?いいえ、物理受けです。主にパッチラオスホルード辺りに対する引き先として採用。
特にドサイ水ラオス対面が多発したため、その安定した引き先+削り役として重宝した。
パッチマリルリに対しても割と戦えるのも偉かった。マリルリに関しては対面からダイジェットで試合自体が詰まされることもしばしば。
終盤増えた?モロバレルの胞子カット要因としても機能した。

晴れアタッカーではないとは言ったが、晴れとのシナジー自体はあり、上から宿り木欠伸をしたり光合成の回復量が上がったりするので上手く使っていきたいところではある。

ニンフィア NN:ひなた
性格:控え目 特性:フェアリースキン
持ち物:食べ残し
努力値:H244 C148 S108 B4 D4
実数値:201-x-86-163-151-94
技:ハイパーボイス/サイコショック/瞑想/身代わり
S:準速ドサイドン抜き抜き


いわゆる疑似両刀型に詰ませ性能を加えてみた感じ。いわゆる受けループに対して積極的に選出していた。
受けループじゃなくともハピナスやドヒド(どくづきやめて)バレル(ヘド爆やめて)辺りを起点にすることもできた。
Sはドサイドン抜き調整のポケモンが多かったため、それに合わせた調整をした。この調整自体は正解だったはず。来シーズン以降はSラインが上がるのかなとは予想している

アシレーヌ NN:すずね
性格:控え目 特性:激流
持ち物:とつげきチョッキ
努力値:C244 H156 S108
実数値:175-x-94-194-136-94
技:泡沫のアリア/ムーンフォース/エナジーボール/アクアジェット
S:準速ドサイドン抜き抜き
H:気持ちばかりの16n-1調整


元々の晴れリーシア軸で厳しそうと考えていたサザンガルドや炎枠の対策として採用。対面からラオスに勝てる可能性もそれなりにある。
以前まで使っていた型と違いCに大分振っているので、ダイマックスさせたときの制圧力は凄まじい。
リザードンガモス対面で初手アリアした際にダイソウゲンを撃たれてもその後のダイマックスで切り返すことが出来る。
HはあれどもBは高くないので、物理方面への耐久への過信は禁物。

原種キュウコン NN:Kaname
性格:臆病 特性:日照り
持ち物:厚底ブーツ
努力値:C252 S252 H4
実数値:149-x-95-133-120-167
技:マジカルフレイム/ソーラービーム/熱砂の大地/悪巧み


晴れ展開の起動要因?いいえ、積みアタッカーです。最後に入ってきたピース。
アタッカーといえども、一番担ってほしかった役割はAキュウコンのオーロラベール展開を防ぐことかつパーティ内での炎打点持ちの両立だった。
持たせようとした持ち物が軒並み使われていたので何となく厚底ブーツを持たせたところ、ステロ展開に対してもサイクルを回しやすくなり、持ち物はそのまま固定となった。
技自体は環境上位に刺せるような構成にしている。が、元々の火力が足りないので上手く悪だくみを積むなり、周りのポケモンで削ってお膳立てをしたいところ。
地味にドヒドヌオーナットの並びに無双した経験もある。1悪巧みダイアースでドヒドは落とせない。

某巫女服実況者からいただいた個体です。交換ありがとうございました、ちゃんと活躍しました。

ドサイドン NN:サウンド
性格:意地っ張り 特性:ハードロック
持ち物:弱点保険
努力値:D252 S244 H4 A4 B4
実数値:191-177-151-x-107-91
技:ロックブラスト/地震/炎のパンチ/剣の舞
S:S20振りアーマーガア抜き
D:珠リザードンのダイソウゲン確定耐え


某Aの民教祖がやりそうな振り方(もうちょっと調整はするだろうけど)。これにより珠リザードンののダイソウゲン等の役割破壊的4倍特殊技を耐えられるようになる。
雑にダイマックスして相手のパーティを崩壊させるという立ち回り自体は今までと一緒。積極的にパーティ崩壊させよう。アッキピクシーに出してはいけない。

基本選出
並びとしての基本選出は特にない。
・ウーラオスやホルードがいるからその引き先としてリーフィア
・ハピナスバレル辺りを起点にしたいと思ったらニンフィア
・雑にドサイドンで全タテ行けそうだと思ったらドサイドン
みたいな考え方で選出を決めていた。
また、キュウコンリーフィアの晴れ展開は比較的意識されている印象を受けたのでそれを意識すべきだと感じた。

苦手なポケモン
ピクシー
自分にはピクシーの特性の見分け方が分からなかった。
対策としては特殊アタッカーでなるべく対面するようにして迷わずダイマックスで押し切ることがあげられる。
マジガ珠も厳しい。

アイアント
ドサイドンでダイマックスを合わせるくらいでしか勝ち目がない。
当たらないことが対策。

Gヒヒダルマ
アイアントと同様。

マリルリ
珠ジェット型は崩すのがかなり厳しくなる。

ウインディ
型が多いうえにどの型でも苦戦を強いられる。

Gサニーゴ
堅すぎて草。

ゲンガー
毒弱点3体はそりゃあきついよね。

結果
fc2blog_20201001153946c0c.jpg

TNwing 最高767位(10/1 AM4:00) 最終800位 レート1920
TNIchinoseHana 最高831位(9/30 PM9:00) 最終どこかに飛んで行った

終わりに
改めてシーズン10お疲れさまでした。
パーティメンバーの中で5体をコンセプトで決めるという暴挙に出たものの、それぞれにしっかり役割を持たせて活躍させることが出来たのは良かったのかなと。ドサイドン先生は相変わらず使いやすかった。
ただ、相手に依存しないと勝てないような試合もあったので、自分から勝ち筋を押し付けられるような構築やプレイングスキルを目指したいなとは思いました。

鎧の孤島に入ったらもう活躍できないと思っていたリーシア構築をこうして活躍させられる、それ以外の今まであまり見られなかったポケモン達が見られるといった意味でも楽しいシーズンでした。
シーズン11も同じルールなのでまた違う子を使ってみたいかなと思います。リーシアに関しては私以外の有識者がいい感じにやってくれるでしょう(丸投げ)。

それでは今回はここまでです。
ここまで読んでいただきありがとうございました!










おまけ
今回のパーティのポケモン達につけた構築名やNNの元ネタ紹介

構築名
凪のあすから~Earth color of a calm~
のEarth color要素をSunny color要素にした感じ

凪のあすから
Miuna(潮留美海)
Sayu(久沼さゆ)
Kaname(伊佐木要)
構築名の前半部分
fc2blog_201808190903309d6.jpg
mig.jpg
fc2blog_201808190734240ba.jpg

8 beat story ♪
ひなた(桜木ひなた)
すずね(水瀬鈴音)
Sunny color(この2人のデュエット曲)=太陽の色=太陽
sunnycolor.png

サウンド(アイアンボトムサウンド)

さらにおまけ(この構築で序盤のシーズン11(10/1 PM3:00)に潜った結果)
s11zyo.jpg
序盤元気楽しい(こなみ)
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する